教育目標

大学院スタンダート

アドミッション・ポリシー

体育科学専攻は、人文、社会科学から自然科学にわたる諸科学を基盤として、人間の身体と運動及びスポーツ文化を物質的、生物的、社会的レベルにおいて研究する専門諸科学からなる。本専攻では、体育科学の専門分野について自立して研究活動を行うに必要な高度な研究能力及びその基盤となる豊かな学識を養うことを目的としている。

修業期間

標準は3年であり、在学可能な年限は5年である。特に優れた研究業績を上げた学生の場合には、1年を限度として3年未満でも学位が授与される。学位は博士(体育科学)または博士(学術)が授与される。

分野選択

本専攻には、1) 体育・スポーツ文化系、2) スポーツ経営・政策系、3) 体育・スポーツ教育系、4) 運動生命科学系、5) 健康体力系、6) 運動・コーチング科学系の6つの分野があり、学生はこの分野の中からいずれか1つの分野を選択する。