研究分野

本専攻には、1) 体育・スポーツ文化系、2) スポーツ経営・政策系、3) 体育・スポーツ教育系、4) 運動生命科学系、5) 健康体力系、6) 運動・コーチング科学系の6つの分野があり、学生はこの分野の中からいずれか1つの分野を選択します。課程修了の際には、博士(体育科学)または博士(学術)の学位が授与されます。


 体育・スポーツ文化系

体育・スポーツ哲学、スポーツ倫理学、体育・スポーツ史、スポーツ人類学、武道学、身体文化論などからなり、人文科学的手法により実証的考察を深めることをめざします。

教員一覧へ

スポーツ経営・政策系

スポーツ社会学、体育社会学、体育・スポーツ経営学、スポーツ法学、スポーツ政策学、体育・スポーツ行財政論などからなり、社会科学的手法により実証的考察を深めることをめざします。

教員一覧へ

体育・スポーツ教育系

スポーツ教育学、アダプテッド・スポーツ論、体育・スポーツ心理学、スポーツカウンセリング論などからなり、人文・社会科学的手法により実証的考察を深めることをめざします。

教員一覧へ

運動生命科学系

運動生理学、運動生化学、運動栄養学なり、自然科学的手法により基礎的研究から応用的研究まで幅広い研究を行うことをめざします。

教員一覧へ

健康体力系

発育発達学、運動解剖学、健康増進学、体力学、体育測定評価学、スポーツ衛生学、健康教育学などからなり、自然科学的手法により基礎的研究から応用的研究まで幅広い研究を行うことをめざします。

教員一覧へ

運動・コーチング科学系

スポーツバイオメカニクス、トレーニング論、個人スポーツコーチング論、球技スポーツコーチング論などからなり、運動・スポーツ技能の向上にかかわる科学的手法により、運動・コーチングの科学的根拠の確立をめざします。

教員一覧へ